「わしも入れてくれるかね?」といのししジイさま。